コンテンツマネジメントシステムでできること


Webサイトを作ろう、と思ったとき、壁になるのが、HTMLやCSSなどの専門的な言語。誰にでもできるものではない、と諦めてしまいがちです。だったらFacebookなどのSNSでもいい、と思ってしまいますが、SNSとWebサイトでは役割が異なります。Webサイトやブログサイトの役割は、情報を蓄積して、継続的に発信すること。企業や店舗にとっては、業務内容などの基本情報を掲載しておく、会社案内のようなものでもあります。Webサイトがあるのとないのでは、ビジネスの信頼度が大きく異なります。難しくても、なんとか作りたい、と思うのは当然です。

ブルーの背景そんなとき、活用したいのがコンテンツマネジメントシステム(Content Management System)です。コンテンツマネジメントシステムとは、専門的な知識がなくても、Webサイトを更新したり、新しい情報を配信したりすることができるシステムです。使用するシステムによっては、Webサイトの構築が自分でできることもあり、多くのWebサイトで採用されている仕組みです。

コンテンツマネジメントシステムを導入することで、Webサイトを更新する際、新着情報の公開と同時に、トップページのお知らせ欄に情報掲載を表示させたり、すべてのページにリンクメニューを追加したりすることができるようになります。これらの設定は、管理画面から簡単に行うことができるので、更新やサイト管理の手間を大きく減らすことができるようになるのです。

今回は、コンテンツマネジメントシステムとはどのような仕組みなのか、コンテンツマネジメントシステムでどんなことができるのか、を紹介します。