その他にできること

さまざまな種類があるコンテンツマネジメントシステムですが、基本的な機能は大きくは変わりません。そして、それこそが、コンテンツマネジメントシステムを導入するメリットにもなっています。

パソコンSEO対策としても有効なのが「サイトマップ機能」。ページを追加したり、サイトの構造を変えたりしたときも、データベースから必要な情報を取得し、自動的にサイトマップを生成してくれます。サイトマップがあると、検索エンジンのクローラーはサイトの構造などを理解しやすくなるため、検索上位に表示されやすくなります。「WYSIMWYG機能」は、ワープロ感覚でサイトの記事を作成することができる機能。文字の大きさや色、配置場所など作ったとおりのページが簡単にできる仕組みです。「ページの更新機能」は、コンテンツマネジメントシステムを導入するからこそ実現できる機能。ページをいつ公開するか、公開を辞めるか、など更新日時を指定することができるので、キャンペーン実施のお知らせなどに便利です。

「管理権限機能」はサイトを更新する人毎に、どこまで更新管理ができるかの権限を設定する機能。ページを作ることができる人と公開できる人を変えておけば、誤った記事を公開してしまって、サイトが炎上してしまう、ということを防ぐことができます。「バージョン管理機能」も便利な機能の1つです。更新前のページデータをデータベース内に自動で保存しておくことができる機能で、万が一、以前のページを復活させる必要ができてしまった際、簡単に元に戻すことができます。

今後、Webサイト構築の際、SEOのためにも、更新管理の効率化のためにも、ポイントとなるコンテンツマネジメントシステムの導入。いろいろなタイプを比較しながら、自分の目的にぴったりのシステムを選定しましょう。

種類による違い

コンテンツマネジメントシステムにはさまざまな種類があります。大きく分けると、基本システムが無料で提供されているオープンソースタイプと、開発会社が独自に構築し、有料で販売している商用タイプに分けられます。

様々なコンテンツオープンソースのコンテンツマネジメントシステムでよく知られているのはWordPress(ワードプレス)やJoomla!(ジュームラ)、Drupal(ドルーパル)、concrete5(コンクリートファイブ)、EC-cube(イーシーキューブ)など。自分で準備したサーバーにインストールして使用します。大きな特徴は、必要な機能を追加プログラムとして組み込むことができるということ。アンケートシステムやカタログページなど、コンテンツや管理に必要な機能を、ニーズに応じて追加していくのです。拡張性が高いため、完成後に新たにでてきたニーズに対応していくことも可能です。

商用タイプのコンテンツマネジメントシステムは、「誰が」「何のために」使うのかを明確にして開発してある仕組みです。サーバーと一緒に提供されることが多く、保守やサポートも充実しています。アクセス解析や顧客データベースの管理、メールマガジンの配信機能などを持っているものもあり、マーケティングツールの1つとして活用することもできます。

構築するWebサイトがどんな目的で構築、運用されるものなのか、どのくらいの運用スキルがある人がサイト管理をするのか、などの条件で、選択するとよいでしょう。

コンテンツマネジメントシステムの仕組み

キーボードコンテンツマネジメントシステムにより表示されるWebページは、すべてのページが1つずつ、HTMLファイルになっているわけではありません。多くのコンテンツマネジメントシステムが採用している仕組みは、PHPという言語を使い、MySQLなどのデータベースと連携することで、ファイル内にある情報とデータベース内にある内容を一緒に表示しています。そのため、同じ情報であっても、ユーザーのニーズにあった形で表示することもできるようになります。例えば、グルメに関するブログサイトで、「ランチ」のカテゴリーをクリックすると、データベースに蓄積された情報の中から、「ランチ」のカテゴリに属する情報だけをピックアップし、ページとして表示してくれるのです。テキストだけでなく、画像や動画などの情報もデータベースで管理。必要な場所に必要に応じて表示することができるようにしているのです。

また、基本的なデザインもテンプレートとして共通で使えるようにしておくことができます。1ページずつデザインを組み込む必要がないので、構築の手間が激減するだけでなく、事務所が移転して住所が変わった、という場合も、フッターテンプレートファイルの情報を1つ書き換えるだけで、すべてのページの情報を書き換えることができます。コンテンツマネジメントシステムで使用するテンプレートによっては、スマートフォンに対応したデザインに自動的に変更してくれる仕組みも備えています。レスポンシブデザインと呼ばれるもので、タブレットでもPCでも最適に見えるよう自動的に変更してくれるのです。SEO的にも、スマートフォン対応は大きなポイントになるため、自動設定してくれるコンテンツマネジメントシステムの導入は重要です。

コンテンツマネジメントシステムでできること

Webサイトを作ろう、と思ったとき、壁になるのが、HTMLやCSSなどの専門的な言語。誰にでもできるものではない、と諦めてしまいがちです。だったらFacebookなどのSNSでもいい、と思ってしまいますが、SNSとWebサイトでは役割が異なります。Webサイトやブログサイトの役割は、情報を蓄積して、継続的に発信すること。企業や店舗にとっては、業務内容などの基本情報を掲載しておく、会社案内のようなものでもあります。Webサイトがあるのとないのでは、ビジネスの信頼度が大きく異なります。難しくても、なんとか作りたい、と思うのは当然です。

ブルーの背景そんなとき、活用したいのがコンテンツマネジメントシステム(Content Management System)です。コンテンツマネジメントシステムとは、専門的な知識がなくても、Webサイトを更新したり、新しい情報を配信したりすることができるシステムです。使用するシステムによっては、Webサイトの構築が自分でできることもあり、多くのWebサイトで採用されている仕組みです。

コンテンツマネジメントシステムを導入することで、Webサイトを更新する際、新着情報の公開と同時に、トップページのお知らせ欄に情報掲載を表示させたり、すべてのページにリンクメニューを追加したりすることができるようになります。これらの設定は、管理画面から簡単に行うことができるので、更新やサイト管理の手間を大きく減らすことができるようになるのです。

今回は、コンテンツマネジメントシステムとはどのような仕組みなのか、コンテンツマネジメントシステムでどんなことができるのか、を紹介します。